タトゥーのレーザー治療の気になる痛みや傷跡

タトゥーのレーザー治療について

若い頃にタトゥーを勢いで入れてしまい年齢を重ねるごとに後悔してしまうという女性は多くなっているといいます。タトゥーは体の一部になるということを覚悟で入れたかたは、意味のあるデザインなど後悔することは少ないケースもあるようです。芸能人の真似をしてタトゥーを入れてしまい、数年後には「入れなきゃ良かった」と思ってしまう方もいらっしゃいます。そんなタトゥーをレーザー治療で消す方法があります。ただ、そこには痛みや傷跡が残るデメリットもあるようです。

レーザー治療時の痛み

タトゥーをレーザー治療で消す場合、簡単に言うとタトゥーの部分にレーザーを照射して、タトゥーの色を薄くしていく方法となっているようです。レーザーをあてるので、火傷させているイメージをするのが一番わかりやすいかもしれません。痛みを感じるかたも個人差があるようですが、タトゥーのレーザー治療を行っているクリニックの殆どは、患者さんの希望がない限りは、麻酔はなしで施術を行うようです。

タトゥーが残ることもある?

レーザー治療で、完全に100%タトゥーが消えるということは、まず難しいと考えたほうがいいでしょう。タトゥーの墨が深く入ってしまっていると、レーザー治療をしても、肌が元の状態に戻るまでの新陳代謝であるターンオーバーも遅い場合もあるため、傷跡やタトゥーの色も薄く残る場合もあるようです。1色づかいでタトゥーを入れていて消したいという場合や、小さめのタトゥーがあるかたにはレーザー治療はオススメされているようですが、カラフルなタトゥーや大き目のタトゥーを消したい場合は、クリニックと相談して後悔のないレーザー治療をするのがベストといわれています。